自生地の笹百合 (みたけの森)

岐阜県御嵩町|撮影日:平成20年6月4日

隠しスライドが見られます



■ スライドを選択してご覧下さい。 ↑

写真をクリックするとウインドの移動なく隠しスライドが表示されます。



笹百合(学術名:Liluim Japonicom)日本原産のユリ科の多年草。
葉が笹に似ているのでこの名前があり、小百合とも云う。中部以西の山地に植生する。みたけの森は笹百合の北限に近い所になる。
高さ70cm程になり、初夏に漏斗状で淡紅色の花を開花させる。花に斑点がないこと等が中部以北に植生する山百合と相違する。
万葉集には「さ百合花後も逢わむと思へこそ今のまさかも愛しみすれ」大伴家持を含め「さゆり」の言葉のある歌が十八首程詠まれている。


Copyright © 2002-  Hero's Gallery Corp., All rights reserved.