ヨハン・ペラトーネル

Johann Perathoner

GALLERY

ヨハン・ペラトーネル

  • Johann Perathoner
    1986年、パリに生まれる。幼い頃からパリなどの都市を描くことに熱中した。フランスの有名なポストカード会社であるカルトダール社のスタッフにイラストを気に入られ、まだ14才であった2000年に同社よりポストカードをリリースした。それ以降才能と情熱は広く認められていき、大都市をテーマとした作品を創り上げる道に進んだのである。

  • Arts
    ヨハン・ペラトーネル作品の最大の特徴は、いくつもの層により立体感を出す3D作品であることだ。都市特有の様々な人々や文化が混ざり合って生まれる活気や、美しい眺めをリアルに表現するべく、この技法を用いている。こうしたユニークな作品はフランス国内のみならず、海外のアート業界からも注目を浴びている。

  • day&night
    ヨハン・ペラトーネルはひとつの都市を「昼の視点」と「夜の視点」で捉え、創りあげる。「都市は全て、昼と夜で違った顔を持っている。私はその療法の雰囲気に感銘を受けているのである。」昼と夜それぞれの細密さの集まりが、その精巧さに対する感動を生み出し、リアルさを演出するのである。

  • Making
    街全体をスケッチした後、サインペンで輪郭を縁取り、アクリルやパステルなどの画材で色を付ける。そして奥行きや空間を表現するためレイヤーを重ね、その上にカラフルなラインストーンやスパンコール、ラメを散りばめ、都市が持つ華やかな輝きを表現している。作品は、平均して500時間、大作には1000時間以上費やすものもある。

PROFILE

ヨハン・ペラトーネル

1986年、パリに生まれる。幼い頃からパリなどの都市を描くことに熱中した。フランスの有名なポストカード会社であるカルトダール社のスタッフにイラストを気に入られ、まだ14才であった2000年に同社よりポストカードをリリースした。それ以降、ヨハン・ペラトーネルの才能と情熱は広く認められていき、大都市をテーマとした作品を創り上げる道に進んだのである。

彼の作品の最大の特徴は、いくつもの層により立体感を出す3D作品であることだ。都市特有の様々な人々や文化が混ざり合って生まれる活気や、美しい眺めをリアルに表現するべく、この技法を用いている。こうしたユニークな作品はフランス国内のみならず、海外のアート業界からも注目を浴びている。

彼の創作意欲を掻き立てるのは、大都市のエネルギーである。様々な文化が集まることによって生まれる、大都市ならではのエネルギーだ。人々で賑わう道や一つ一つ違った雰囲気を持つ街区、カラフルに光る大きな看板、日の当たるテラス、立ち並ぶ高層ビル、そして数えきれないほどの人が集まって生まれる熱気までも表現する。彼が表現するのは、その都市のありのままの姿なのだ。

街全体をスケッチした後、サインペンで輪郭を縁取り、アクリルやパステルなどの画材で色を付ける。そして奥行きや空間を表現するためレイヤーを重ね、その上にカラフルなラインストーンやスパンコール、ラメを散りばめ、都市が持つ華やかな輝きを表現している。時には透明の素材や鏡のように反射する素材も使用し、さらなるリアルさを追求する。こういった作業をいくつかの部分に分けて繰り返すという、忍耐を要する作品作りなのである。彼は一つの作品を完成させるのに、平均して500時間をも費やす。作品の規模によっては1000時間以上もかかるものもあるほど、一つ一つの作品に対して情熱を捧げている。

ポップアートというジャンルにおけるアーティスト、チャールズ・ファジーノやジェームス・リジーなどを原点としながらも、よりリアルで繊細なアプローチで都市を表現するのがヨハン・ペラトーネルの作品なのである。

FAVORITE

ニューヨーク、パリ、ロンドン、ベイルート、ドバイ、シンガポール、そして東京。世界中の「大都市」をテーマにした作品で、ポップアート界に一躍名乗りを上げた若き鬼才、ヨハン・ペラトーネル。

そんな彼自身のお気に入りの街。そしてお気に入りの作品とは・・・。

COMPANY

  • 株式会社room

    〒150-0001
    東京都渋谷区神宮前4-28-25

    TEL 03-5549-9248